輸入住宅ってどんな住宅?その魅力や建てるときの注意点など役立つ情報を紹介します

このサイトでは輸入住宅の魅力や特徴、実際に住宅を建てるときに知っておくと役立つ情報を紹介します。
どんな種類やスタイルがあるのか、それぞれの違いはどのような点なのかといったことだけでなく、具体的な工法や基本性能についても分かりやすく説明します。
特に基本性能は安全で快適な暮らしを実現するためにとても大切な要素で、入居後に後悔しないためにも事前にしっかりと確認しておく必要があります。
ここではそんな様々なことについて分かりやすく説明するので参考にできます。

輸入住宅ってどんな住宅?その魅力や建てるときの注意点など役立つ情報を紹介します

輸入住宅は注文住宅とちがい、海外の設計思想に基づいて海外から輸入した資材やパッケージを組み立てて作る住宅のことです。
明確な線引きがあるわけではないので一般的な認識です。
輸入住宅の魅力はそのデザイン性と外観ですが、基本性能も高いため快適な日常生活を送ることができます。
ただし入居後はそこで長く生活することになるので役立つ情報として、アフターメンテナンスやリフォームのことも考えて施工会社を選ぶことを知っておきます。
輸入住宅は海外から輸入したパーツを用いるため入居後に不都合が生じても迅速な対処が難しいことがありますし、リフォームについても対応できる工務店を事前にリサーチしておく必要があります。

輸入住宅ってそもそもどんな家?その定義と特徴を紹介

輸入住宅に住むことを検討しているなら、どのような家のことを指すのか特徴や定義はご存知でしょうか。
一度ここで知識を確認しておきましょう。
まず輸入住宅とは、輸入部材が多く取り入れられており、海外の設計思想に基づいて建てられた家のことを指します。
日本では見ないおしゃれで洗練されたデザインと、開放感のあるゆったりとした間取りが多いです。
また、性能が非常に気になるところだと思いますが、耐震性・耐火性なども日本の建築に劣りません。
輸入住宅はヨーロッパ、もしくは北アメリカのどちらかの建築デザインを取り入れた家が主流です。
ヨーロッパスタイルの場合はパネル工法という、6枚のパネルを組み合わせて家を建てる工法で作られます。
北アメリカのスタイルですと、2インチ×4インチの角材を使用するツーバイフォー工法が主流です。
以上が特徴と定義になります。
事前に情報を整理したことで、ますます輸入住宅に住みたくなったのではないでしょうか。

輸入住宅の魅力はデザインとゆったりした間取り

輸入住宅は海外ドラマに出てくるような独特のデザインと間取りに魅力があります。
主に北米系と北欧系があり、年月を経ても基本的な傾向は大きく変化しないのが特徴です。
北米系は移民の国らしく母国のスタイルを入植地の風土に反映させたデザインが特徴で、北欧系は厳しい自然に適した機能性と快適な室内環境を両立させたデザインが特徴です。
輸入住宅に共通しているのはいずれも間取りがゆったりとしていることです。
2×4工法やパネル工法が中心のため柱がない、メーターモジュールを採用している日本の住宅より規格サイズが広いことから注文住宅と比較して廊下や部屋の空間を広く感じることができます。
また吹き抜けがある、1階がそのままリビングに通じている、カーブを描く階段があるのも日本の住宅にはないデザインで、開放感を大切に自由度の高い設計を実現できるのが輸入住宅の特徴であり魅力といえます。
ただし輸入住宅を取り扱うメーカーによっては決められた間取りから選ぶ必要があるので、そういった場合は自由度は制限されることになります。

輸入住宅はインテリアにこだわるとよりオシャレ

住宅には、エクステリアとインテリアの2種類があり、それぞれにお金のかけ方やデザインの仕方が異なります。
輸入住宅を建築する場合には、見た目も重要になりますが外からのものではなく室内もとても重要になるわけです。
室内は家の中に入る人しか関係ないため、家族にとっては非常に重要なものと言えるでしょう。
もし家族と一緒に輸入住宅のライフを家楽しみたい場合には、やはりそこに十分に時間とお金をかけることが必要になります。
建築をする段階で、見た目の良さを追求し方向性を明確にすることが大事です。
この方向性が明確でないと、中途半端な見た目になってしまい、こだわりが感じられません。
当然ながら、満足度も低いものになってしまいます。
一方で、しっかりと検討を重ねたものはやはり魅力的な見た目になる事は間違いありません。
これらは、家主1人で決めると言うよりも家族全体で決める方が良いかもしれません。
子供がある程度大きな場合には、そのお話を聞いてみても良いかもしれないです。

輸入住宅の部材はどこのものを用いるのか

輸入住宅は、海外で建設されている様々な物件を日本国内で実現するものです。
そのため、そこで利用される様々な部材も海外製のものを利用することがほとんどです。
代表的なものでは、アメリカやカナダ、そして北欧のフィンランドやスウェーデンなどといったものが多いです。
輸入住宅で気を付けなくてはいけないのは、これらの部材はそれぞれのハウスメーカーが独自のルートで入手していることが大半だという点です。
一律にすべてのメーカーで決められているわけではなく、それぞれの物件に対応して考えられていくことになります。
実際に、インテリアや外観に関しては各国の住宅の特徴で大きく異なります。
テイストに変化もたらして、より良い形で輸入住宅を実現していくことが大切なのでそれに見合ったものを揃えています。
ですから、実際に輸入住宅を相談する場合には原産がどこであるのかを具体的に質問するのも1つの手段です。
そこから、良質な住宅であるかどうかを判断できます。

輸入住宅に関する情報サイト
輸入住宅の魅力

このサイトでは輸入住宅の魅力や特徴、実際に住宅を建てるときに知っておくと役立つ情報を紹介します。どんな種類やスタイルがあるのか、それぞれの違いはどのような点なのかといったことだけでなく、具体的な工法や基本性能についても分かりやすく説明します。特に基本性能は安全で快適な暮らしを実現するためにとても大切な要素で、入居後に後悔しないためにも事前にしっかりと確認しておく必要があります。ここではそんな様々なことについて分かりやすく説明するので参考にできます。

Search